カテゴリー「デニムリペア実例『ベルトループ&ボタンホール他』」の記事

過去に行なった実例を画像で紹介『デニムリペア函館』

2011年4月 6日 (水曜日)

ファスナーの修理について

最近、問い合わせ、修理の依頼が多いのがフロントのファスナーが上に上げて閉じていたのにいつのまにか下に下がり開いてしまうということです、症状としてファスナーの金具が使用時になんらかの負担がかかり曲がり甘くなり正常に噛み合わない状態と思われます、対応としては修理では無く交換となります。ご希望のお客様はどうぞ気軽にお問い合わせ願います、料金は一部のデザインを除きほとんどの品1.500~2,000円です。009ato

続きを読む "ファスナーの修理について"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木曜日)

EVISU ボタンホール部分・ダメージのリペア~エビス

ボタンホール部分の糸がはずれ生地が破れちぎれそうな感じです。

↓リペア前

005ebisu_mae

生地を一度ばらし糸をすべて取り外しダメージ部分にデニムの当て布を使用してリペア後、ボタンホール部分をカット#8位の太番手の糸でがっちり手縫いでロック。これでまだまだ長く愛用できます。

↓リペア後

015evisu_go

EVISU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月28日 (日曜日)

Levi’s501膝・股グリ・ヒップ・ボタンホールのリペア

お店に直接来られたお客様のリペアご依頼のLevi’s501です。色も薄くなりこれからの季節に良いですね。リペアのご依頼はボタンホール・膝のクラッシュ・あと生地が薄くなった膝・股グリヒップ等の補強です。

↓リペア前 ボタンホール

013maelevis501

↓リペア前取りはずしました。ほつれてホールが広がりボタンが外れてしまう状態です。

014maelevis501

↓リペア後 ほつれ・生地が弱っている部分を補強後、手縫いで行いました。

005

↓リペア後 

ドットボタンのホール部分は一度周囲の部分を解体して生地を当てリペアしました。

004501go

↓リペア前 

015maelevis501

↓リペア後 クラッシュ部分以外に周囲の薄くなっている部分も#100糸で細かくたたきました。織の目に合わせてたので糸が生地に沈みこみ見た目にはわかりません。写真ではフラッシュが反射していますが肉眼では縫い目が目立ちません。   

↓アップ

003501go_kopi

 

003501go

↓リペア後

002501go

↓アップ

↓リペア前

016mae501

↓リペア後

006go501

↓リペア後

007go501

007go501kopi

↓リペア後

008go501

↓リペア後 全体

001501go

002501go_kopi

| | コメント (0) | トラックバック (0)